冬の洗顔で気をつけている事

Y02A157

10代の頃はメイクをしたまま眠ってしまっても特に違和感を感じずに過ごす事が出来ていたんですが、20代になった頃から夕方メイクを落とす時にも肌が乾燥してぴりぴりと痛みを感じるようになっていました。

洗顔料も普通の物を使っていてバシャバシャと洗っていたんですが、雑誌で洗顔法の特集を見た時に肌によくない洗顔方法が載っていたんですが、私の洗顔方法とまるで一緒でショックを受けた事を覚えています。

敏感な肌に自分でしている事を身をもって知ることが出来たので今では肌に優しい洗顔方法を徹底して行っています。

まず洗顔フォームを以前使っていたものよりも肌に優しい自然由来の物が配合されている物に変えました。

いいにおいや泡立ちが重視されている物に比べると地味にはなりますが、無臭でも十分です。泡立ちにくいので今は泡立ちネットを使っています。

たっぷりとフォームを使う事でふわふわな泡を作ることが出来ています。また洗顔も今まではこすりつけて全体につけていたんですが、今は泡をふんわりと顔に乗せて優しくマッサージするようにしています。

こすらなくなった事で洗顔後のぴりぴりとした感じも無くなりました。一番肌の違いを実感したのはメイクをする時でした。

肌がプルンとしていてナチュラルメイクで平気になる程肌のつやがよくなりました。きちんと肌をいたわると肌も潤うのでこれからも肌の為にいろいろと研究しながらしていきたいと思っています。